その人のストーリーを知ると見方が変わる

映画 コラム

昨年、爆発的にヒットした、「ボヘミアンラプソディ」
映画館でご覧になった方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

私も、実は2回映画館に見に行きました。

eiga

QWEENのことは、幼いころの記憶でなんとなくは知っていましたが、
あの曲もこの曲も、QWEENの歌だったとは知らなかった!
というほど、耳にしたことある曲ばかりでした。

そして、映画を見て約1年が経った年末、久しぶりにQWEENの曲が耳に入ってきました。

すると、単に音楽だけではなく、
歌手フレディ・マーキュリーがどういう想いで、どういう背景でできた曲なのか、
ということが、私の脳裏と心に響いてきたのです。

人の人生を知るとは、こんなにも価値観を変えるものなのか
と、改めて実感しました。

きっと、「ただ曲を知っている」という事実だけでは味わえない感情ですね。
これは、映画を見たからこそ、だと思います。

こころBOOKは、みなさまには、
もっと自分の人生を発信し、知ってもらうべきだと思っています。

自分の生きてきた人生を知ってもらえば、周りにいる人々は
「親近感を持つ・愛着がわく」
という感情を、あなたに持つことになるでしょう。

歌手フレディ・マーキュリーのように。

愛着を持って、周りの方に接してもらうこと
それには、簡単な方法があります。

自分の写真を見せること。

写真は、一目瞭然です。

生きてきた人生、大事にしてきたもの、しかありません。

過去、写真整理の専門家として、ご一緒に写真の整理をさせていただきながら思うことは、

いろいろなことが、生きてきた時代時代であったということ。

ただ、その人が生きてきた事実が、あるということ。

ご家族に抱っこされている幼少期
お友達と肩を組んでじゃれている学生時代
緊張しながら撮影されたであろう結婚写真
お子様のことが可愛くてしょうがない気持ちがあふれている写真
ご家族増えて賑やかで楽しそうな旅行写真

様々な写真は、あなたの代わりに、語ってくれます。

それを、いろいろな方に、楽しく見ていただける準備をしませんか。
ご一緒にサポートさせていただきながら、写真の整理を進めます。

雑多な写真にお困りの方は、ぜひお問い合わせください。

明るい未来のためのお手伝いをさせていただきます。