家族写真集 F様「金婚式のプレゼント」

ヒアリング 写真集

ご依頼の経緯

40代の息子様から、
「金婚式のプレゼントとして、記念に残るものをプレゼントしたい」


旅行、食事、花、色紙、似顔絵

いろいろとインターネットで検索したけれども、ピンとくるものがない中、
特別なプレゼントとして良さそうだ

ということで、こころBOOKにご依頼がありました。

 

ご依頼の内容

「両親の好きなように制作してほしい」というF様からのお声もあり、
制作のやり取りはすべて、F様のご両親と直接させていただきました。

 

制作の流れ

ご両親へのお電話

早速、お父様に私からお電話を差し上げました。

最近は、オレオレ詐欺のような悪質な事件も多発していますので、息子様にあらかじめ、
「こころBOOK西村さんから電話があるから」ということだけは、お話ししていただきました。

次回訪問日を決めて、その日までに、アルバムやお写真をご用意いただくようにお話ししました。

 

初回お宅訪問

たくさんのアルバムと写真を出してくださっていました。

お父様からの一言目は、
「いや〜、ねえさん、こんなことでもなかったら、写真なんか、み〜ひんかったわ!
息子様からのプレゼントということも含めて、とても嬉しそうに、お話ししてくださいました。

 

お聞きすると、お母様の幼少期の写真は、ご実家にあって整理するのが大変だから、今回は写真集に入れなくてもいい、とのことでした。

 

そこからは、お父様の幼少期の写真を見ながら、あーでもない・こーでもないとおしゃべりしながら、家族写真集に掲載する写真の選別をしていきました。

 

「子供に残す家系図が家にないので、家系図も載せたい」
とのことでしたので、ご家族のお名前やご兄弟のお名前などメモに書いて頂きました。

(ご本人のご両親・ご兄弟・お子様・お孫様の、4代の情報をいただきました。)

ヒアリング

 

私からの質問にも軽快にこたえて下さり、写真を選別しデータ化するところまで、約3時間弱で、完了しました。

お父様が載せたいとおっしゃった 写真は、
「趣味の山野草の展示会」の写真と、お孫様との写真でした。

 

正直、あっという間の時間でした。

お疲れが出ませんように、とお話ししながら、帰路につきました。

 

家族写真集の編集

私がお預かりした情報を整理し、家族写真集の原案を作りました。

家系図は、いただいた情報をまとめ、図にしました。

 

2回目お宅訪問

原案の写真の配置や、言葉の内容を確認していただきました。

制作風景

お散歩の帰りでいらっしゃったので、気持ちのいいお外で、写真集の原案の確認をしていただきました。

特に大きな修正はなく、納得の内容だと、太鼓判をいただきました。

 

息子様に納品

出来上がった家族写真集「F家 写真集」をお渡ししました。

ご両親が制作された内容はお伝えしていなかったので、家族写真集を見ながら、
「すごくよくまとまってる。素晴らしい」
とお声をいただきました。

子育て期の写真

趣味のご旅行の写真

釣りの写真

ご親戚の集まりの写真

お孫さんとの写真

そして最後のページには、金婚式のご夫婦の写真

息子様からの贈答ということも、刻印として載せてあります。

present

F様 家族写真集

家族写真集 幼少期  father  家族写真集

 

制作者として

写真を選別する時間でのご夫婦のやり取りですが、

「これは誰かいな?」のお父様の質問に、
「これは、あの◯◯会社の◯◯さんよ〜」というお母様のお返事。

自分の記憶の曖昧さを、誰かが補填してくれるって、なんて素晴らしいんだろうと、お二人のやり取りを拝見しながら、感じました。

夫婦とは、不思議なものですね。
なんだかんだとありながらも、唯一無二の存在なんだと感じました。

この尊い時間こそが、
家族写真集を制作するための醍醐味だと思っています。

 

大事なことは、

どれだけ今を幸せに感じて頂けるか

 

ご家族皆様が幸せになる「家族写真集」は、本当に価値のあるものだと実感しています。

金婚式のプレゼントとして、ご家族の笑顔を届けさせていただきました。

ぜひ、大事な方へのプレゼントとして、ご家族の絆を記し、残していただきたいと思います。