家族写真集 O様「親族に引き継ぐ」

top 写真集

ご依頼の経緯

今回お受けしたのは、O様からのご依頼です。

「先祖代々の写真を親族が生きているうちに渡したい」

実はO様、7・8年前よりご親族の方に写真を渡すため、
ご自宅にある写真すべて、ご自身でデータ化していました。

その写真達は、ちゃんと仕分けされ、
「誰のものなのか、いつのものなのか」わかるように、丁寧にまとめてありました。

しかし、いろいろな要因でそこから作業がなかなか進まず、
今回のこころBOOKへのご依頼に至りました。

ここまでは出来たんだけどねぇ、と笑いながらおっしゃっていました。

 

 

ご依頼の内容

初めてのお打合せには、綺麗にまとめられた家系図や年表を見せていただきました。
ご先祖様からO様に至るまで、どんどん横に広がる家系図は、圧巻でした。

ご親族のそれぞれのご家庭に、ページをまとめさせていただきました。
これも、O様の考えていらっしゃった写真集のカタチです。

 

そして、親族の強さを感じたお写真。


O様のお父様のご意向で、ご親戚の方々が、定期的に集まっていらっしゃったようです。
O様はこの方々に、伝えたい写真と思いがずっと以前からあったそうです。

 

 

制作視点

もうこの世にはいらっしゃらない方がほとんどです。

O様は、それぞれの写真をフォルダごとにまとめ、いつの誰の写真かを入力してくださっていたので、写真の特定がスムーズに出来ました。

各親族ごとに、顔認証機能を利用し、写真を振り分け、

・それぞれの親族に象徴されるエピソードが入った写真

・その親族に属する方々の時の流れを感じる写真

・その親族に属する方々が出来るだけ多い写真

これらを中心に考えながら、どの写真が一番ご親族の方が見て振り返りやすいか、懐かしむことが出来るかなど、いろいろなことに想像を膨らませながら作り上げました。

 

O様の感想

こころBOOK
写真整理しようと思ったきっかけは何ですか?
O様
父親が写真を撮るのが趣味で撮り始めた数十万枚の段ボールに入った「処理をいつかする必要がある写真」をとりあえずスキャナーでため始め、データ化は7・8年前にしたんです。
こころBOOK
こころBOOKに頼んだのはなぜですか?
O様
当初は父の生誕100年に合わせて2010年頃製本する予定でしたが、まったく時間が取れなくて困っていたところ、ジャストタイミングで西村さんが現れ、これ幸いとお願いしました。
こころBOOK
ご依頼、嬉しかったです!
頼んでよかったですか?
O様
一つには自分では取れない時間問題を解決してくれました。
二つには家系図と写真の人物を結びつけるような手間のかかることをやってもらえた。
三つには出来栄えです。過不足なく、最適な写真を選んでもらえたことですね。
たぶん自分では時間が取れたとしても、迷路にはまって、出来なかったと思う。
こころBOOK
他の方に勧めたいと思いますか?
O様
最終的には、写真集を親戚に配ることで、思い出を残し、両親の供養をすることが目的でした。
単に写真を整理したい方ではなく、親戚に配る・思い出をカタチにする・供養、といった目的を持った方には勧められるでしょう。
というのも、冊数もあり、高額になりました。
出来栄え品質もそうですが、対話しながらの工程が素晴らしく、充分価値に値します。

 

写真整理は、本来、孤独な作業になりがちです。
でも、私がいろいろ昔の話も伺うので、
楽しみながら整理が出来たことも、価値だとおっしゃってくださいました。

 

ご親族にお配りする30冊は、圧巻でした。

{ADB5EB6C-1147-4A1C-91C1-08F0855D0F05}

これから、この子たちは、ご親族のもとへ受け継がれていきます。

完成品をお見せした時、まじまじと見た後、
いいね〜
と深くおっしゃったこと、目に焼き付いています。

 

この家族写真集を、O様の手で直接、親族の方に手渡ししていただき、

そして、
過去を懐かしみながら、みなさんでいろんな思いに耽って、
思い出話に花が咲いていただくと、嬉しい限りです。

それこそが、未来につながることだと、思います。

{F53B3165-9AE9-4F62-9466-1CD59F79E2A4}

制作者として

写真に関しては、どういったカタチで残したり、破棄したり、受け継ぐのか、本当に人それぞれです。

でも、どういったカタチがあるのか知らなければ、何も出来ないと思います。

お客様が何をしたくて、何ができるのか。

世界に一つしかない「オーダーメイド家族写真集」は、あなたの想いをカタチにしたものです。

サンプルをぜひお手に取ってご覧ください。