家族写真集 T様「息子たちに残す」

家族写真集 写真集
ご了承いただいた方のみ、掲載させていただいています。
(T様、掲載許可ありがとうございます)

 

ご依頼までの経緯

お電話で問い合わせ頂きました。

「写真の整理はしたい」とずっと考えていらしたそうです。
ネットでいろいろ探す中で、こころBOOKを見つけてご連絡くださいました。

電話では、
・写真整理の対象となる写真の数
・写真をどうしたいか
・いつまでに整理したいのか

いろいろ伺いました。

お急ぎのご様子でしたので、翌日、お宅に訪問しました。

写真を整理しようと思った理由

T様は、60歳でご病気を抱えています。

終活の一環として、写真整理を考えていらっしゃいました。

 

まだまだ終活を意識されるのは早いと思いましたが、
いつ何があるかわからない世代に入り、
少しずつ整理を進めていらっしゃるというお姿は、素敵でした。

 


段ボール2箱分です。

ほとんどがポケットアルバムでした。

 

抱えきれない量の写真を、大事な息子たちにこのまま残せない。

このままの写真を渡したところで、
段ボールに入れたままの写真は、将来見返すことなんてしないだろう。

整理するにしても、同じような写真があって、どれを残せばいいのかわからない

写真をどうしたらいいのかわからず相談に乗ってほしいとのことで
今回のご依頼に至りました。

 

写真は捨てたい

写真は出来る限り破棄したい、と悩んでいらっしゃいました。

でも、拝見している写真は、どれも輝かしいものばかりです。

お客様が息子さんに作ってあげたお弁当
それを大きな口で頬張る息子さん
ピアニカを演奏して、得意げな息子さん
一緒に頬を寄せあって、写る写真

 

想いとは裏腹に、捨てる写真を見つけることがなかなか出来ません。

 

お子様の写真はお子様のものです。
いつかはお子様は見返す時がやってくる、
その時のために準備しましょう

 

お客様と話し合い、家族写真集にまとめることになりました。
どの写真が、息子さんにとって残されていていい写真か、
相談しながら、選びました。

 

ご一緒に写真を見ながら、
「これよりこっちのほうがいい顔している!」
など、お話しながら、写真を選びました。

一緒だと、サクサク選べると喜んでくださいました。

 

 

今回の制作について

製作している際、T様より、どうしても入れてほしい写真があるとのことで、送っていただきました。

 

とても素敵な花嫁のT様が、ご両親と3人で写っている写真でした。

こちらは、T様のベストアルバムの最後のページにご用意することになりました。

 

 

お子様おふたり、それぞれの写真をまとめたもの。
T様には、お子様おふたりの写真を全てまとめたもの。

合計3冊のベストアルバムをご用意しました。

 

3冊は色違いです。
T様がおっしゃった色でご用意しました。

それぞれには、半透明のカバーも付いています。

 

 

ベストアルバムには、年代・撮影場所・T様からの言葉など入れることも出来ることをお伝えしましたが、
T様は、写真を並べるだけで、
言葉は入れなくていいとのことでした。

 

制作をお急ぎでいらっしゃったからか、
お子様のことを考えてからなのか、
本意は定かではありません。

 

でも、T様はお子様のことを、とても愛していらっしゃいます。

 

写真を整理する中で、この言葉を発見した時は、鳥肌が立ちました。

これは、お子様が出生されたときに用意する母子カードに、T様が記載したものです。

 

お子様にお渡しする家族写真集に、載せています。

 

T様は言葉は何もいらないとおっしゃいましたが、
お子様が将来見返す際、必ずT様の想いが伝わるものだと思い、載せました。

 

とても喜んで頂けました。

T様と心が通った時間は、代えがたいものでした。

 

制作者として

T様は、お急ぎで作ってほしいとのことでした。

結果、お電話いただいてから、17日後、お渡しすることが出来ました。

 

これは、
トータルサービスが出来る、こころBOOKだからこそ
だと、自負しています。

*17日は特別なご事情で最短でさせていただきましたが、本来は最低2か月頂いています。
まずは、ご相談ください。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

お会いしたのは、結局、初めのたった1度だけでした。
以後、メールのやりとりでしたが、
T様は、私のことをいつも気遣い、優しい言葉をかけてくださいました。

 

単なる作業ではなく、大事な想いをお預かりしていると思っています。

人と人がつながりながら、大事な家族写真集をご用意しています。

 

3冊の写真集を基に、
ご家族に穏やかな時間が流れます様に。