自分史制作でのアンケート

パンフ 写真整理アドバイザー活動

こころBOOKでは、
「写真で残す自分史」として、

人生を振り返れる1冊を作るお手伝いをしています。

日本橋三越本店で、
「写真で残す自分史」を展示をさせていただいた際、
お客様にいろいろなお話をお聞きしました。

 

1.果たして、ご本人は「自分史」を残したいのか

・今更自分の人生を振り返ってどうするのか、意味がない

・負の遺産となるくらいの写真なら処分すればいい

 

2.「自分史」を残された人(お子様やご家族)はどう思うのか

・そもそもこんな人生を過ごしてきたなんて、知らなかった

・写真をまとめてくれたおかげで、もしも万が一の時に助かる

・親戚が集まったときに振り返ると皆でいい時間が持てそう

・たくさんのアルバムがスリムになって、助かる

 

3.写真集に言葉を添える必要があるのか

・こんな気持ちで当時過ごしていたのなんて、知らなかった

・幼少期の様子がわかって、新鮮

・誰が誰だかわからなかったけど、記載があるのでわかるようになった

・写真だけだと時系列がわからないけど、書いてある

 

アンケートのまとめ

「自分史」を残されて嫌な気持ちになる方は、
お一人もいらっしゃいませんでした。

むしろ、
「親がやってくれるなんて、ありがたい!素敵なサービスですね」
というお言葉もいただきました。

自分史なんて作って、
どうするんだという方もいらっしゃると思いますが、

ご自身にしかできない子供や孫への資産だと思うのです。

 

自分の人生を素直に振り返って、
今だからこそ話せること伝えれることを残してみませんか。

memory