介護者のつどい~写真整理講座~

介護 講座

ビオラ市が尾地域ケアプラザでは、
定期的に、
【介護者のつどい】
が開催されています。

今回は、「介護と写真」というテーマで
講座の講師を務めさせて頂きました。

 

受講者の方の悩み

いらっしゃった方々は、70~80代の方でした。

参加対象は、

今現在介護をしていらっしゃる方
介護をしたことがある方

でしたが、

この写真整理講座にいらっしゃった方は、
みなさま介護を現在していらっしゃって、
ご自身の体も悲鳴を上げている状況の方が多くいらっしゃっていました。

つまり、老々介護をみなさましていらっしゃいます。

 

他の方が介護をどうやりくりしているのかと、
ヒントをもらいに来ていたり、
この集いを拠り所にされていました。

そんな中、
日常の生活には特に必要とされない写真整理の意義は、
どこまでお客様に伝わるのか、半信半疑でした。

 

講座内容

お客様のお悩みです。

「只今写真の整理を始めようと考えていたところです。
多さに苦慮しています」

感想

 

終活の写真整理の問題点を確認し、
お持ちいただいた写真で、ワークをして頂きながら、
解決策をお伝えしました。

介護

 

講座の感想

感想

本日の講座を受けて、目的が明確になりました。

 

感想

もう少し早く拝聴すべきだと思う。

 

感想

素晴らしい

 

たくさんのありがたいお言葉をいただきました。

講座中には、目に涙を浮かべる方もいらっしゃり、
81歳男性の方には、今までの講座で一番良かった!と
お声を頂戴しました。

 

写真整理の意義が、伝わったと、確信しました。

 

さいごに

こんなにも多くの方が、
老々介護に日々悩んでいらっしゃり、
助けを求めていらっしゃるのかと驚きました。

「核家族化や、少子高齢化という日本特有の流れ」
という簡単な言葉では済まされない現実が、
高齢者の方々には実際起こっています。

私たちが出来ることは、
声をかけること。

 

現実を知り、一緒に考えること。

もっと、講師として高齢化社会の現状を発信し、
写真整理を多くの方にやっていただけるよう尽くすこと、

これに邁進してまいります。

 

みなさまにとって、いい1日となり、ただただ嬉しいです。