30年間、一緒に持ち歩いていらっしゃるもの

memory コラム

ただいま、日本橋三越で、写真整理に関してイベントを行っています。

先日店頭に立っていた際も、お客様とお話がはずみ、こんなお手紙見せていただきました。

{07D91560-F9D6-4630-85C6-5B79ED9ACE94}
〜〜〜〜手紙の内容〜〜〜〜お母さんへ今は算数のXの問題もやりたかったけれど、
お母さんに手紙を書きます。
お母さんさっきはぼくが大人になるまでは
お母さんは僕にたいして責任があるといいましたね。
お母さんは僕に対して責任を持って行動をしているのだから、僕もそれなりに二学期には責任を持って行動したいと思います。
ぼくはお母さんの明るい笑顔が大好きです。
お母が一生笑顔のまま過ごすように頑張ります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
掲載ご了承いただきありがとうございます。

お客様は、73歳の女性の方です。
息子さんは、45歳。
このお手紙は、息子さんが小学2年生の頃に書いたものだそうです。

息子さんにもらって以降、ずっとカバンに入れて持ち歩いているそうです。
親の愛を見せていただきました。

 

保育士として40年勤めていらっしゃったお客様ですが、今もシッターさんとしてお子様と接しているそうです。

 

いろいろな話を伺いながら、私も母親なので、いろんな気持ちがこみ上げてきました。
親は子供に対して責任があるんです。

とにかく、今、子供達とたくさん触れ合おう!

子供が、見てみて〜〜!と歩み寄った時、しっかり見てあげる。
家事などで見れないなら、見れない理由を伝えてあげる。

これだけでも、何か少しは子供達に伝わるかな。
人として、しっかり向き合ってあげたいですね。

 

お客様にはご年配の方が多いため、人としてあるべき姿を見せていただきます。
勉強になります。

今日も日本橋三越にいます。
ご興味ある方は、ぜひいらして下さい。
写真整理アドバイザーの素敵な作品がお待ちしています。