遺されて困るのは「借金と写真」

top コラム

写真整理の専門家 こころBOOKの西村です。

 

今日は、シニアの方との、写真整理に関しての打ち合わせでした。

そこでお客様からお聞きした言葉が

「遺されて困るのは、借金と写真」

 

あの「借金」と、「思い出写真」が、
同じくらい遺族を苦しめるものだとは、ビックリでした!!

シニアの方の間では、常識だそうです。

 

もしものことがあって、遺された遺族が一番困るもの
「思い出写真」だということは、統計でも挙がっています。

そして、終活として自分が整理する立場でも
一番の困りごととして挙がっています。

私も講座やお仕事をお受けする際、皆さんから口々にお聞きします。

 

ただ、借金と同じかと言われると・・・私は借金の方が・・・嫌です。

 

それはさておき、

 

写真の整理なら、すぐに今からでも出来ます。

また、
一度やっておけば、過去の写真の整理は、もう必要ありません。

 

これで、借金と同じ価値の写真整理から逃れられると思ったら、
ご家族も喜ばれますね。

 

ただ、写真整理は、なかなか腰が上がらない方が多いです。

あの莫大な写真の量。。。

整理しようと思うと、気持ちが萎えるのもよくわかります。

 

そこで!

目標を定めましょう!!

 

人生の節目となる
還暦(60歳)・古稀(70歳)・喜寿(77歳)など
このタイミングで、人生の総括なさいませんか?

人間の一生は、
経験し→整理し→試行錯誤の後→経験し→整理し・・・
これを繰り返し行いながら生きていくものではないでしょうか。

自分の人生と向き合い、よりよい人生のために。

 

こころBOOKが写真の整理、お手伝いいたします。