写真整理を一緒にしてほしい~カウンセリングサービス~

写真集

ご依頼の経緯

70代のM様から、
こころBOOKが毎月開催している
「終活 かんたん・写真整理講座」に参加したいけど、
開催地は、田園都市線たまプラーザ駅だけですか?
というお問い合わせがありました。

 

お話を伺うと、

田園都市線たまプラーザ駅までは、
バスを乗り継がなければいけないし、
何より、高齢のため体調の変化もあって、
いけない可能性もあるので、どうしたらいいですか?

というご相談でした。

ご自宅に伺って、
写真やアルバムの状況を確認しながら
整理の方法をお伝え出来ること
をご提案すると、

「ぜひ、そうしてください」ということで、
写真整理カウンセリングサービスをご依頼いただきました。

 

ご依頼の内容

M様は、写真を整理することがなかなかできず、
・ご自宅(老人ホーム)
・お子様のお宅
・トランクルームなど、
写真をバラバラに保管していました。

老人ホーム内にあるトランクルームも、
毎月の利用料を考えると
トランクルーム内を整理するべきと感じ、
段ボールに入っている写真を
まずは整理したいと考えられたそうです。

 

トランクルームに入っていたのは、
大きな段ボール3箱です。

写真

その中には、

数々の思い出深い写真たち
大事な手紙
大好きな絵葉書

M様の「大事なもの」「とっておきたいもの」がたくさん詰まっていました。

 

中でも、
ご主人様がマリンバを演奏している写真は、
とても愛おしく見ていらっしゃいました。

マリンバへの思いが綴られた、
ご主人様の手紙も添えてありました。

写真

 

 

アルバム制作

このままでは、M様にとって大事な写真が埋もれている状態なので、
まとめて見やすい形式にすることになりました。

 

整理のポイントをお伝えしながら、
大事な写真を、ご一緒に選別していきました。

M様の人生の要所要所で訪れた出来事や思いを伺いながら。

そんな中、やはりどこを見ても、
M様の大事な幼少期のアルバムが見つかりません。

赤い表紙のアルバムです。
大事な写真がたくさん入っているからこそ、
別でまとめていた大事なアルバムです。

どう声をお掛けしていいのかわからないほど、
とても落胆されたご様子でした。

 

その後M様は家の中をいろいろと探したら、なんと見つかったそうです。
本当に心から安堵しました。

2回目訪問時には、
発見されたアルバムを見ながら、整理を進めました。

そして、
まだお子様のお宅に保管されている写真が送られてきません。


そんな二転三転の話があったので、
写真をM様の意思で差し替えできるように、アルバム形式に整理しました。

また、写真に付随する情報は、付箋で書いて、張り替えることが出来るようにしました。

写真

 

 

M様の感想

「いろいろお話しながらアルバムが出来たのが楽しかったです。
ほとんど私の人生を知られてしまいましたが、
こういう機会で聞いていただき、ありがとうございます。」

大事な写真には、M様の思いがこもっています。
写真を振り返るということは、
自分の思いを振り返る事にもなります。

「何も関係のない、あなただからこそ、いろいろなことを気ままに話すことが出来た」
とお話ししてくださいました。

 

さいごに

アルバムは、本当に良いものです。

自分や、自分を取り囲む方の思いが詰まっています。

見返しているときは、当時の自分の気持ちが甦ってきます。

 

過去に感謝しながら
生きてきた証を受け継ぐ

 

これが、写真整理の本質だと思っています。

 

また、整理の方法はいろいろあります。
何がその方にとって最善の整理方法なのか、
カウンセリングさせていただきます。

一緒に写真を整理したいという方は、ぜひお問い合わせください。

お気軽にご相談ください