朝日新聞社「ニッポン写真遺産」写真整理お手伝いプラン

memory サービス
株式会社朝日新聞社が、
2018年4月11日より、「ニッポン写真遺産」という
家庭の写真のデジタル化サービスを始めました。

ニッポン写真遺産
公式サイトはこちら

歴史的、貴重な写真は、どこにあるのか。。。

歴史博物館でもなく、
学校の資料室でもなく、
実は、皆様のお宅に眠っているのではないか。。。

日本として貴重な写真は、本当は、
あなたの実家の押入れの中の見返したこともない、
あのアルバムの中にあるかも!?

と思ったら、ワクワクしますね!

 

そして同8月21日、

新たなオプションサービスとして
「写真整理お手伝いプラン」
が開示されました。

サービス内容
・お客様のお宅に訪問し、丁寧にご要望を聞き取ります。
・未整理の写真を、お客様に合った方法で分類します。
・重いアルバムの梱包作業、発送作業をお手伝いします。
・戻ってきたデジタルデータを元に、ご希望に添った写真集を作ります。

写真整理アドバイザーが対応することで、
デジタルデータを扱うことが難しい方も、
安心して写真のデジタル保管をして頂けるようになります。

「写真整理お手伝いプラン」ご利用の流れ

 

具体的にイメージして頂けるよう、
動画もありますので、ご覧ください。

お伝えしたいことは、ただ一つ
「古い写真は、捨ててはダメ」

大事な思い出が詰まった写真。
自分のルーツである祖先が映っている写真。
昔の風情が感じられる貴重な写真。

捨ててしまっては、
なかったも同然になってしまいます。

ぜひ、写真の整理をご検討ください。

写真は振り返れば、色鮮やかに、
その時の気持ち・情景と共に蘇ってきます。

 

今回、写真整理アドバイザーとして、
パンフレットや動画に起用していただき、
写真集制作に携わりました。

memory

お客様からのお声です。

・写真は振り返ることなく捨てることになるだろうと思っていたから、こんな過去を楽しむ時間をもらえて、貴重でした。
・写真を通して、一コマ一コマを通して、こんなに温かい人生を送ってきたんだなぁと気づかされました。
・振り返ってみて、「自分の人生、いいなぁ」って思わされました。
・写真を見ていると、いろんな思いでがひっかかってきました。

そして、ありがたいことに、こんなお声もいただきました。

・私たち夫婦だけだと振り返るはずもないから、写真整理アドバイザーさんは絶対にいたほうがいい。
・しかも、西村さんのような親身になって聞いてくださる方がいい。

人生を豊かに感じていただけるサービスです。

 

お気軽にご相談ください