写真整理の方法 ~②写真を分類する~

memory
memory
写真整理

「写真を整理すること」
時間もかかりそうだし、何から手を付けていいのかわからないし、どうするのがいい方法なのかわからない。

そうなんです。
写真を整理するには、手順があるんです!

これを知って整理すれば、

・時間短縮が出来る
・後悔しない
・家族や周りの人に喜ばれる

など、いろいろな良いことがやってきます!

ということで、
シリーズ第②弾をお伝えします。

シリーズ第①弾「画像を集める」は コチラ

②写真を分類する

「シリーズ第①弾 画像を集める」では
画像をもれなく集めていただきました。

次は、写真の分類・仕分けに入ります。

ここでやっと、写真の中身を見てください。
とはいえ、
「写真を整理する」という目的を忘れない程度にしましょうね。

では、なぜ、写真を分類する必要があるかというと、

たくさんの写真の中から、目的の写真を見つけることが出来るようにするためです。

覚えている子供の頃の写真がどこにあるのかわからず、
一から探すのでは、楽しく振り返ることが出来ません。

自身の人生の振り返りももちろんですが、
写真を家族に気持ちよく見てもらうために、
写真を分類していきましょう。

では、具体的に、どのように分類できるのか、見ていきましょう。

分類の例

たくさんの写真を
自分や家族がわかりやすく見れるように、分けてきます。

まず初めに、下記を参考に、
ご自身の人生に合った分類を決めてください。

それから写真を仕分けしていくと、作業がスムーズに進みます。

年代別

昔から今に至るまで、並べます。

一般的な分類の仕方です。
年代別で見ていくと、成長が見てとれます。

例:1981年、1982年・・・
:生誕~〇〇保育園入園、〇〇保育園入園~卒園、入学~卒業・・・

人物別

写真に写っている人ごとにまとめます。

子供の成長と共に、
別々で行動するようになり、
それぞれの写真が増えます。

例:父、母、一郎、二郎・・・

イベント別

撮影写真が多いイベントをそれぞれまとめます。

例:成人式、結婚式、新婚旅行、箱根旅行・・・

カテゴリ別

趣味で撮影する写真は、多くなります。
分類を別にしておくと、趣味でつながっている方々にも気軽に見てもらいやすくなります。

例:登山、フラワーアレンジメント、フラダンス、書道・・・

写真の分類は、年代別に分類するのが一般的ですが、
ご自身の家庭環境や分類したい項目によって変えても構いません。

また、大枠では年代別に整理しながら、時代時代では人物別に分けてもいいでしょう。

分類は組み合わせることで、より探し出しやすくなります。

いらない写真の選別

集めた画像の中から、必要のないものは、仕分けして破棄します。

いらない写真とは
・ボケている写真
・同じような写真が何枚もある
・風景だけの写真(思い入れのないもの)
・食べ物だけの写真(思い入れのないもの)
・自分が気に入らない写真
・家族が見て困る写真

無理に「いらない写真」を洗い出す必要は、まったくありません。

なぜかというと、

後でご自身が後悔するかもしれない、
ご自身だけではなく残された他のご家族とって必要かもしれない

という懸念があるからです。

「家族が見て困る写真」
遺された家族が見返して、羽目を外した写真がたくさん出てきたらどうでしょう。
ご自身にとって思い出深く楽しい写真なら構いませんが、ご家族への配慮も必要ですね。
また、やましい写真・勘違いされる写真など、この際、破棄してしまいましょう。

まとめ

「写真の分類」・・・ご自身の人生に合わせて、出来ましたか?

「いらない写真」・・・洗い出せましたか?

今後の人生や、ご家族にとって、
写真の見返す量は適量か
考えながら、この第2弾は進めていただきたいと思います。

たくさんの写真を前に整理するのは大変だと思います。

ですが、一生に一度でいい作業です。

早めにやっておくことで、心もスッキリさせましょう。

シリーズ第③弾「写真をデータ化する」は コチラ